Yamamoto's Laboratory
 
フォント
 
 

LaTeX::設定フォントいろいろなフォントを使う

フォントの設定を行うための基本的なことを示します.

目次


LaTeX のフォントの取り扱い

デフォルトの設定で使うならば,ここで示す知識は不要です.LaTeX のデフォルトの設定は良くできており,十分美しい文書に仕上がります.

予めインストールされているフォント

TeX Live 2015 では,埋め込み用にいろいろなフォントが配布パッケージに含まれます.たとえば,ipa フォントは「/usr/local/texlive/2015/texmf-dist/fonts/truetype/public/ipaex」に,マップファイルは「/usr/local/texlive/2015/texmf-dist/fonts/map/dvipdfmx/jfontmaps/ipa」にあります.マップファイルの「ptex-ipa.map」を指定すれば,dvipdfmx で ipa フォントが埋め込まれた pdf を作成することができます.

$ dvipdfmx -f ptex-ipa.map ファイル名(*.dvi)

フォントのインストール

インストール先

フォントをインストールディレクトリーは,コマンド「kpsewhich -show-path="truetype fonts"」で表示される複数のパスのいずれかです.私の TeX Live 2015 では次の通りです.

$ kpsewhich -show-path="truetype fonts"
.:/home/yamamoto/.texlive2015/texmf-config/fonts/truetype//:/home/yamamoto/.texlive2015/texmf-var/fonts/truetype//:/home/yamamoto/texmf/fonts/truetype//:!!/usr/local/texlive/2015/texmf-config/fonts/truetype//:!!/usr/local/texlive/2015/texmf-var/fonts/truetype//:!!/usr/local/texlive/texmf-local/fonts/truetype//:!!/usr/local/texlive/2015/texmf-dist/fonts/truetype//:/home/yamamoto/.texlive2015/texmf-config/fonts/opentype//:/home/yamamoto/.texlive2015/texmf-var/fonts/opentype//:/home/yamamoto/texmf/fonts/opentype//:!!/usr/local/texlive/2015/texmf-config/fonts/opentype//:!!/usr/local/texlive/2015/texmf-var/fonts/opentype//:!!/usr/local/texlive/texmf-local/fonts/opentype//:!!/usr/local/texlive/2015/texmf-dist/fonts/opentype//:/please/set/osfontdir/in/the/environment//

パスの区切りはコロン「:」です.先頭に二重感嘆符(びっくりマーク)「!!」があるパスは,検索対象外です.ただし,後で述べる方法で検索対象に加えることが可能です.パスの最後が二重スラッシュ「//」は再帰的に検索しますので,サブディレクトリーを作ることができます.

IPAフォント

ページ作成情報

参考資料

  1. 奥村晴彦さんの「改訂第3版 LaTeX2ε美文書作成入門」(p.293)には,更新が面倒ならば,ファイルls-Rを削除しても問題ないと書かかれている.更新が面倒な人は,試してみてはいかがでしょうか.

更新履歴

2016年01月28日 ページの新規作成


no counter